カレン インテリアコーディネート体験記

「こだわりが強すぎてどうしたらいいのかわからなかった悩みが解決しました」

ルームシェアのリビングルームのコーディネートの場合(20代後半 女性)

実際にカレンを利用したユーザーのストーリーを紹介する「カレン インテリアコーディネート 体験記」では、どのような悩みや要望を抱えながらカレンの利用に至ったのか?また、カレンを利用後はどのような生活になったのかなどの実体験をお伝えしていきます。

カレンに出会うまで

大学を卒業して今の会社で働き始めて気が付けばもう5年の月日が経っていました。実家が都内だったため社会人になってからも実家から通勤していたのですがそろそろ自立したいと思い、実家を出ることにしました。せっかくなのでドラマのようなルームシェアがしたい!と思って仲のよかった友達を誘ってみたら快諾してもらえたので憧れのルームシェアが決まりました。

二人の職場から遠くないところに都合のいい2LDKの物件をインターネットで探していくつか内見をしたら景色の良い運命のような物件を見つけました。「ここなら毎日を素敵に過ごせそう」そう考えて即契約しました。

そうしていざ家具を揃えるぞ!と意気込んでワクワクしながら初めての家具探し、これがなかなか難しいことに気がつきました。

強すぎるこだわり故に時間を浪費してしまった

多くの時間を過ごすリビングを快適にしたいと考えました。「映画を見るからソファーはいいやつが欲しい。だからと言ってありきたりの色は面白くない」「テレビは大きめがいいけど、そしたらテレビ台もしっかりとしたやつが欲しい」「せっかくカウンターがあるんだから友達と話しながら料理とかできたらいいなあ」などと色々考えているうちに欲しい家具が自分が思っていたよりも多いことに気が付きました。

一緒に住む友達は私とは対照的にあまりこだわるタイプではなかったのでリビングルームの家具探しは私が担当になりました。しかし普段は仕事で遅くなることが多いので帰ってくるのが夜10時過ぎになることもしばしば。また休日も予定が多く入っているので家具を探す時間がない。だけれども自分の住む部屋を妥協したくない思いが強くなっていき、いつしかプレッシャーのように感じてしまっていました。

実際にカレンで利用した
部屋の写真

カレンでの体験

そんな時たまたま見つけたのがカレンでした。最初は「7980円か」と思いましたが...普段から時間が何より大事だと考えている私は「今ずっと抱えているこの悩みをこの値段で解決できるなら安いものだ!」と思い注文してみることにしました。

アンケートに答えていくうちに、どんな部屋が出てくるのか楽しみにしている自分もいました。部屋のサイズを測るのが少し大変でしたが、あとは自分の好みを選んでいくだけだったので特に迷わず入力することができました。

そして、実際にイメージ図が帰ってきた時はまずその写真のようなクォリティに驚いたと同時に、家具をこのようなレイアウトでこのような色使いをすれば私が描いていたシンプルでエレガントな部屋が作れるんだ!とわくわくしました。ソファーについては座り心地も確かめてみたかったのでこちら経由では買わなかったのですが、ラグと机とカウンターチェアは提案されたものを購入しました。

カレンから提案された
3Dイメージ図

その後...

お気に入りのソファも見つかり、今では新しい部屋で快適な生活を送っています。平日のちょっと時間の空いた夜や休日はルームメイトと一緒に映画を見たり、最近では海外ドラマにハマってしまってついつい見すぎてしまいます(笑)そうした日常の中でふと冷静に部屋を見返した時、憧れていたルームシェアをこんな素敵な部屋で過ごせて幸せだなと思うこともあります。

インテリアコーディネートを他人、ましてはインターネットで注文するなんて思いつかなかったのですがカレンに頼んで本当に良かったと思います。また新しい家に引っ越したりもしかしたら家を建てたりすることもあるかもしれないですが、そんな時はぜひまた利用したいと思います。

ぜんぶ叶えるコーディネートで
ワンランク上のお部屋づくり!

初回アンケートを受ける(無料)